• ホーム
  • 高血圧の危険因子と甲田式について

高血圧の危険因子と甲田式について

高血圧の危険場面を招いてしまう、危険因子はいろいろあります。
高血圧の危険場面になりうる元として、塩分の過剰摂取があります。
この他にも、日々の運動不足といった、生活習慣を改善する必要があります。
高血圧の危険場面は、血管へ強い圧力がかかり、血管壁も厚くなり、動脈硬化が進んで、病気に繋がりやすくなります。
危険場面に遭遇するのは避けたいものですが、高血圧は治すことができるものです。
その大きな基礎となるのが、普段の食生活になります。
高血圧を改善していくためにも、関心が持たれているのが、甲田式の健康法です。
甲田式では、体内に入れることよりも、まずは出すことを先決としています。
ですから午前の時間は断食をして、前の日の体内に溜まった老廃物を、しかりと排出することを大事にしています。
老廃物がなくなり空腹となれば、モチリンというホルモンが分泌されます。
このホルモンは、脳の働きを活発にします。
半日断食をしたら、そのあとの食事は、過食しないよう気をつけます。
甲田式では、昼は軽めにして、夕食も腹八分目が推奨されています。
朝の時間は綺麗な水を、体内へといれます。
柿の葉茶拝聴にも優しいので、柿の葉茶を飲んでもいいです。
酸性であり、ビタミンCもほうふであるため、飲むと良いものです。
水をのむのは、1日に2Lが理想的です。
朝の食事を食べないのはツライというのであれば、朝は青汁を飲みます。
空腹は胃が荒れている証拠であり、半日断食をすれば胃腸の調子はよくなり、空腹感もなくなります。
甲田式の青汁のつくり方は、野菜を5種類以上ミキサーにかけて作ります。
白菜やパセリ、キャベツや小松菜、ほうれん草や大根なども良いです味わいには、りんごを使うとバランスがとれます。